人気ブログランキング |

まだまだ寒いですが立春を過ぎるとやはり春の気配がしてきますね。

去年の春に生まれた無尾アローカナもだいぶメスが気になってきたようです。
c0331246_10270578.jpg
繁殖はもっと暖かくなってきてからですが、今から楽しみです。

# by ruruko1013 | 2018-02-10 10:24 | ニワトリ | Comments(2)

【大雪】1月22日の大雪。



2018年1月22日 東京

天気予報通り、大雪となりました


午前9時ぐらいから降りはじめました
c0331246_19175613.jpg

あまり積ると犬が遊べなくなるので今のうちに庭駆け回ります
c0331246_19184462.jpg
12時を過ぎると雪の質が代わり、あっという間に積もってきました

c0331246_19190889.jpg


まだギリギリ遊べる深さ
c0331246_19204131.jpg
日が暮れて雪も落ち着きました。

ポストは特盛りに☆
c0331246_19211726.jpg
 

翌朝。

c0331246_19220964.jpg
よく晴れています。
たっぷり降ったな~ 雪かきしなきゃ



ズボズボと足を取られながらも楽しそうな愛犬
c0331246_19225378.jpg
気温は-8℃ぐらいまで下がったようです。
キッチンも洗濯機もトイレも凍結し、困った困った。


イヌツゲの氷柱も立派!
c0331246_19240132.jpg


ユキヤナギを見上げると…
c0331246_09452536.jpg
高い位置にカマキリの卵が沢山。
大雪の降る年はカマキリが高所に卵を産むという話は本当なのかしら



# by ruruko1013 | 2018-01-31 19:29 | その他 | Comments(0)

無尾アローカナ、4か月


今年の6月にふ化したアローカナたちが↓

c0331246_16354707.jpg


こんな風になりました↓

c0331246_14213521.jpg
左上下を里子に出して、右3羽を残したいと思います
右下のブチオスを来春 白アロと交配させようかな

# by ruruko1013 | 2017-10-20 14:53 | ニワトリ | Comments(2)

夜の訪問者たち


夜間カメラを庭に設置して何が来るかを観察してみました。

まずは

c0331246_10260758.jpg
野猫
街中にいるような野良猫ではなくゴリゴリの野生です




c0331246_10262551.jpg
アライグマ
我が家の鶏を何羽も殺害した犯人。手が器用で攻撃的です

c0331246_10263632.jpg
アナグマ
のんびりまったり、マイペースです



そして一番のメジャー所であるタヌキ
…は動画で。


タヌキは庭のミミズを掘って食べるのがメインなようで、芝生を穿られる以外の被害はありません。
やはり困った訪問者はアライグマです


# by ruruko1013 | 2017-10-19 10:35 | その他 | Comments(4)

【蜂】キアシナガバチの駆除


9月に入り、秋植えの野菜の準備を…と思い物置を開けると苦土石灰の中にハチが何匹もご臨終している。何だろうこれは…? と、見上げると

c0331246_09160343.jpg
ん!?

c0331246_09163708.jpg
ありゃ~アシナガバチ

農具を置いてある小屋の中に、知らぬ間に作られていました。
雨も当たらずさぞかし快適だっただろうよ…
家の軒下にはよく作られ、屋根の近くなので放置していたのですがここは流石に近すぎる&ドアの開け閉めのたびに巣が揺れるので、いつ「敵襲!」と思われるか判らんので撤去する事にしました。

とりあえず、他の人が知らずに開けて刺されないように張り紙(大事)
c0331246_09194046.jpg
c0331246_09201583.jpg
東京都あきる野市ではハチ駆除用の防護服を無料で貸し出しているので貸りてきました。
c0331246_09211291.jpg
しかしサイズが27cm(靴)しか無く…
着用してみましたが女性で身長150cm(足のサイズは22.5~23)の私には大きすぎて身動きがとれません。足部分が蛇腹になってしまい、歩く為に足を踏み出すと蛇腹が伸びて長靴が脱げる。玄関から外にすら出られん。
という事で防護服は諦めて私服でやる事にしました。防護服…女性サイズも用意してくれ!!

それはともかく

夜7時頃、周囲も暗くなり蜂も全員帰宅している頃を狙って襲撃です。

武器はこちら。
2mぐらいのジェットで飛ぶので楽ちんです
 




物置のドアを開け、シューしてドアを閉。
3秒で終了!
帰宅!

翌朝、明るくなってから中を確認し、生き残りの蜂を再びシューして巣を取りました
c0331246_09313993.jpg
キアシナガバチさん
c0331246_09321241.jpg
腰のあたりにチョンチョンと2個並んだ班があるのがキアシナガバチ。
c0331246_09355962.jpg
全体的にも黄色がはっきりしており、触覚の先もチョンっと黄色があります。
背中の斑が無いとセグロアシナガバチだそうです。

アシナガバチはスズメバチに比べて攻撃性が低いので、見かけた巣を全部撤去する必要は無いですが、巣の場所によっては刺される危険が十分あるので撤去をオススメします。特にキアシナガバチはアシナガバチの中でも攻撃性が高いので注意。

とは言ってもスズメバチのそれとは違うので業者に頼まなくても自分で手軽に出来ます。
スズメバチでこの規模(匹数)の巣を見かけた場合は危険なので自分でやらず業者に頼んで下さい※


# by ruruko1013 | 2017-09-06 10:05 | | Comments(2)