ジャコウアゲハ来る。


遡る事2年前…

ジャコウアゲハを呼びたくてウマノスズクサを庭に植えました。

c0331246_13285897.jpg
上の開花写真は薬草園で撮影したものですが、こんな感じのがウマノスズクサ。
ジャコウアゲハの幼虫の食草です


小さな苗を植えて2年後の今年。
ついにジャコウアゲハが飛来しているのを目撃しました。

5月15日
c0331246_13395652.jpg
ワクワクしながら数日後に確認すると…


6月2日
c0331246_13291045.jpg
指の先ぐらいの小さな姿ですが、このボコボコ具合は間違いなくジャコウアゲハです。


6月27日
c0331246_13292742.jpg
ウマノスズクサを控えめに食べながらスクスク成長。



6月30日
c0331246_13293651.jpg
真っ黒い体から一転、黄金のサナギへ変身です。


7月13日
c0331246_13294412.jpg
さなぎ化から2週間頃、羽化開始しました
c0331246_13295245.jpg
この後、無事飛び去りました。

上のジャコウアゲハが見られたのは初夏です。
そして今はもう秋。
今見られれば蛹で越冬する組となりますが、見つけられません。
越冬組はウマノスズクサからは離れて軒下などに蛹をぶら下げているはずなので、よ~く探せばどこかにあるかな?

来年もまた姿を見せてくれる事を期待します


[PR]

# by ruruko1013 | 2018-09-28 08:00 | | Trackback | Comments(0)

鳥飼ナスの種取り


今年は酷暑で野菜の収穫量も全体的に少なく、辛い夏でした。


関西のお友達からお裾分けして頂いた、
なにわ伝統野菜「鳥飼ナス」

初めて食べましたが柔らかくてとても美味しかった!
来年も育てたいのでタネ採りをします
c0331246_12403363.jpg

木が元気なうちに1果をタネ採り用に選び、樹上で完熟させます。
が、
今年の妙な天気でなかなか熟さなかった為、途中で採ってしまいました。

c0331246_12404244.jpg
とった後に少し放置して追熟。

その後は袋に入れて、モミモミします
果肉が柔らかくほぐれて来るとタネもぽろぽろ採れてきます。
その後、水にさらすと充実したタネは底に沈み、未熟なタネや果肉は浮いて来るので上澄みを捨て、水を足し、上澄みを捨てを繰り返すと来年の種がとれます。

c0331246_12405179.jpg
採れたタネは室内に2~3日干すと水分が飛び
来年の種が完成です

今年は1苗だけの鳥飼ナスでしたが、来年はたっぷり育てたいと思います

[PR]

# by ruruko1013 | 2018-09-27 12:51 | 家庭菜園 | Trackback | Comments(0)

極小の稚魚用生餌、ビネガーイール


今日はお魚のお話です

先日、お弁当用の小さなタレ瓶でビネガーイールを頂きました。

ビネガーイール

とてもとても小さなミミズのような生物です

ブラインシュリンプよりも小さいので、ブラインシュリンプが大きすぎて食べられない稚魚の餌として重宝されています。ベタ稚魚の餌に使われる事が多いようです。
c0331246_08550417.jpg
上の写真はスマホにマクロカメラを取り付けて何とか撮影したもの。
一応肉眼でも見えるサイズですが、年配の方々に目視は辛いようで一緒にいた50代の面々には目視出来ませんでした。それぐらいとても小さいです。サイズ比較としては

ブラインシュリンプビネガーイールゾウリムシ

って所でしょうか。

さて増やし方です。
色々なサイトで色々な実験がされているようですね
そんなサイトを参考に、私は2パターンでチャレンジ

1、食酢 + リンゴジュース
2、 りんご酢 + リンゴジュース

c0331246_09012694.jpg
2週間後

写真では全くわかりませんが
結果は圧倒的に2番

食酢+リンゴジュース組は姿があまり見えませんが、リンゴ酢+リンゴジュース組は
2週間後に爆発的に増えました
作った当初は上の方にユラユラ居る程度だったのが、2週間経った頃には液全体にウヨヨヨヨヨヨ~~と沸きまくっていました。

ちなみに環境は9月の室内
暑い日はエアコンをかけ、
室温は大体25~28℃ぐらいで安定していました。
リンゴ酢とジュースの割合は…
すみません、適当です。
リンゴ酢メインにジュースちょい足しぐらい。ジュース1~2割ぐらいかなぁ。
雑な性格なもんでいつでも目分量で(^^;)
ジャストな分量は皆さま、ご自身で試して発見してみて下さい。

濾す時はブラインシュリンプ用の二重網になっている濾し器を使っています。
1~2割ぐらいは濾し器の穴をすり抜けて出てしまうので、もっと目の細かい物の方が全てを逃さず濾せそうですが、全く濾せないわけでは無いのでまぁ良いかなと(すり抜けた子たちをベースにまた増やせば良)。

私が試した結果はこんな感じです。

参考にして頂けたらと思います^^



[PR]

# by ruruko1013 | 2018-09-13 09:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

種卵の適正価格って?


毎日暑い日が続きますね。
孵卵器の中に手を突っ込んだら涼しくてビックリ
孵卵器よりも部屋の方が暑いなんて信じられません。
もはや孵卵器の仕事は転卵だけで良くなってます

c0331246_08175589.jpg
さて、今回初めて「種卵を購入する」という事をしてみました。

5個(+1)で1500円(送料別)

これ、高いと感じますか?安いと感じますか?

私個人としては…高い!

そもそも孵化保障の無いものを売るのだから
もっと安価で良いはずです。

実際「買った卵が全部無精卵だった」という被害もあります。
人それぞれ考えはあるでしょうが、私個人としては「種卵は愛鶏家同士が無料で交換こするもの」と考えていますから、そこに高値をつけて儲けようとする根性が好きじゃない。

でもね、一度に沢山の成体を欲しいと思った時、大量の成体を購入+輸送しようと思うと大変ですし、用意する方も手間でしょうから、金額をつけちゃダメというわけじゃありません。

保証の無い卵。

値段をつけるとしたら

10個で500円ぐらいが妥当

それ以上は高い!
生まれるか判らない、どんな子が出てくるか判らない卵。
もし高値で売りたいのであれば、全卵保証をするべきです。


ちなみに、購入した卵(6個)のうち4個が孵化しました
c0331246_09134946.jpg
でも4羽のうち1羽は、まだ立ち上がる事が出来ません。
今後立てるようになるのか?
立てないままなのか?
まだわかりません



[PR]

# by ruruko1013 | 2018-07-20 09:28 | ニワトリ | Trackback | Comments(2)

残念なお知らせ


鶏友さんに頂いたハヤトウリも元気に育ちはじめた5月…
c0331246_14124735.jpg
先日孵卵器に入卵した卵が全て無精卵でガッカリしていた所に拍車をかけるよう、
我が家唯一のオスだった無尾アローカナ男子が落ちてしまいました。

c0331246_14152695.jpg

実はライトブラマのメスの足の調子が悪く、現在殆ど歩けなくなっているので次に落ちるのはライトの子だろうと思っていたのでちょっとビックリしました。
c0331246_14182463.jpg

↑片足を悪くしたライトブラマのメス。
庭に出しても日向ぼっこ中心で殆ど歩きません



孵卵器には再度、入卵させた卵がありますがその卵たちも無精卵の可能性大。
暗雲立ち込める新年度ですが、どうなることやら…




[PR]

# by ruruko1013 | 2018-05-10 14:26 | ニワトリ | Trackback | Comments(2)