極小の稚魚用生餌、ビネガーイール


今日はお魚のお話です

先日、お弁当用の小さなタレ瓶でビネガーイールを頂きました。

ビネガーイール

とてもとても小さなミミズのような生物です

ブラインシュリンプよりも小さいので、ブラインシュリンプが大きすぎて食べられない稚魚の餌として重宝されています。ベタ稚魚の餌に使われる事が多いようです。
c0331246_08550417.jpg
上の写真はスマホにマクロカメラを取り付けて何とか撮影したもの。
一応肉眼でも見えるサイズですが、年配の方々に目視は辛いようで一緒にいた50代の面々には目視出来ませんでした。それぐらいとても小さいです。サイズ比較としては

ブラインシュリンプビネガーイールゾウリムシ

って所でしょうか。

さて増やし方です。
色々なサイトで色々な実験がされているようですね
そんなサイトを参考に、私は2パターンでチャレンジ

1、食酢 + リンゴジュース
2、 りんご酢 + リンゴジュース

c0331246_09012694.jpg
2週間後

写真では全くわかりませんが
結果は圧倒的に2番

食酢+リンゴジュース組は姿があまり見えませんが、リンゴ酢+リンゴジュース組は
2週間後に爆発的に増えました
作った当初は上の方にユラユラ居る程度だったのが、2週間経った頃には液全体にウヨヨヨヨヨヨ~~と沸きまくっていました。

ちなみに環境は9月の室内
暑い日はエアコンをかけ、
室温は大体25~28℃ぐらいで安定していました。
リンゴ酢とジュースの割合は…
すみません、適当です。
リンゴ酢メインにジュースちょい足しぐらい。ジュース1~2割ぐらいかなぁ。
雑な性格なもんでいつでも目分量で(^^;)
ジャストな分量は皆さま、ご自身で試して発見してみて下さい。

濾す時はブラインシュリンプ用の二重網になっている濾し器を使っています。
1~2割ぐらいは濾し器の穴をすり抜けて出てしまうので、もっと目の細かい物の方が全てを逃さず濾せそうですが、全く濾せないわけでは無いのでまぁ良いかなと(すり抜けた子たちをベースにまた増やせば良)。

私が試した結果はこんな感じです。

参考にして頂けたらと思います^^



[PR]

by ruruko1013 | 2018-09-13 09:31 | その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://muimuikoke.exblog.jp/tb/29740167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。