【症状画像】チャドクガにやられました【観覧注意】

こんにちは。

30年ぶりぐらいかな

やられました、チャドクガに。

山茶花や椿などに大群で群れる毛虫さんを見た事があるかと思います。アレです。毛虫も卵塊も親御さんも全部に毒針があるという難儀なヤツです。
こんな時期に?と思うかもしれませんが、たとえ死骸であっても毛の毒は有効なので、卵(を包んでいる毛)や毛虫・成虫のカスがどこかにあれば、被害にあう事があります。

私は膝下をやられました。

やられるとどうなるかと言うと…


《観覧注意》


↓こんな感じ↓


2日目
c0331246_17281506.jpg

3日目
c0331246_17285661.jpg

このチャドクガの虫刺され
なかなかの曲者です
何が曲者ってその痒みです。
チャドクガにやられると相当強い痒み襲ってきます。
ブヨよりも強い痒みが数日続きます。私は3日程、不眠になる程のクレイジーな痒みに襲われました。
最初は我慢していたのですが、3日目には耐えきれず皮膚科へ。ステロイドの塗り薬と、飲み薬の痒み止めを貰って来ました。

チャドクガに刺された時の塗り薬はコレ

c0331246_17315792.jpg
デルモベートはかなり強い薬ですので、塗った後はちゃんと手を洗いましょう。マイアロンはデルモベートのジェネリックです。

これを塗った所で痒みが収まったりはしないのですが…でも早く治す為には毎日塗りましょう。
あと気をつけたいのは、お風呂です。入浴で患部が温まると症状が悪化するので、しばらくはシャワー或いは患部を湯船に浸けないようにしましょう。患部が衣類で擦れると同じく症状が悪化して来るので、服が擦れないようにするのも大切です。私がやられたのは膝下だったので、しばらく膝上パンツで過ごしました。

ドクガに刺された時の衣類も要注意です。
細かい毛が残っている場合があり、安易に洗濯機へ放り込むと他の衣類に毒針が移り、二次被害を起こす可能性があります
そこでどうするかと言うと、チャドクガの毒は50℃以上で無毒化されると言われています。なので、熱湯消毒! 私は60℃のシャワーで衣類を流してから洗濯しました。

ちなみに、被害にあった患部を50℃以上の熱を当てるという方法。これは私も試しました。50℃のお湯に漬けたスプーンを当てたり、ドライヤーを「アチッ!」となる程度にあててみたり。長く当てると火傷するので要注意ですが、少なくとも一時的な痒み止めにはなりました。その後の効果は正直わかりません。ただ、チャドクガの被害は時に3週間続く事もあるそうなので、それを考えると1週間で治ったので効いたのかも? 患部には毒針が残っている場合もあるのでそれを考えると残った毒針を無毒化する意味でも患部の熱処理はしたくなりますよね。

あと注意なのは、アナフィラキシーショックです
蜂と同じく、2回目以降はアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。チャドクガにやられた後、冷や汗が出たり呼吸が荒くなるなど痒み以外の症状が出たら早めに救急車を呼ぶ等の対応をして下さい


最後に。

毛虫=かぶれるのでなく、こうした一部の毒針持ちの毛虫がかぶれるのです。そこを誤解してる方が多いようなので念のため。毒の無い毛虫は触れても基本、大丈夫です(人によってはかぶれる事もあるかもしれませんが)

因みに私の肌は「やや敏感肌」という部類ですが、無毒の毛虫や蛾を素手で触っても肌がかぶれる事はありません


[PR]

# by ruruko1013 | 2017-03-28 18:04 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

【犬】特発性血小板減少性になる1


こんにちは。
今日は鶏ではなくワンコさんのお話です

我が家のワンコ
ジャックラッセルテリアの女子です

c0331246_13121693.jpg
今年で9歳になります。

この子がここ1か月ほど元気がなく、寝てばかりいるようになりました。
直前にヒートが来ていた事と、年齢的なものもあってあまり気にしていなかったのですが、ご飯の時間になっても催促をしなくなり、ご飯自体も残すようになり、更には暖かい布団の中でもブルブルと震えるようになり、流石にこれはおかしいという事で病院へ行きました。そして診断結果は

特発性血小板減少性

血小板減少症は腫瘍や感染症など色々な理由から発症しますが、我が家の愛犬が発症したのは原因不明の部類。免疫システムが何らかの理由で自らの血小板を攻撃してしまう為に起こるものと想定されました。
血液検査の結果は血小板0というビックリの結果だったので、すぐにステロイドの投与が始まりました。
c0331246_14170954.jpg

ステロイドの投与は、効果があれば状況は好転する一方、効果が無いとかなり難しい状況になるとの事でした。また、血小板減少性の怖い所は溶解性貧血を発症する場合がある事(そうなった場合は覚悟をしなければという事)と、出血すると止まらないという事。出血は外傷ならまだ見てわかりますが、怖いのは内出血。内蔵や脳内で出血を起こすのが怖いのです。なので、怪我のリスクが高い事は極力控え、安静を保ちます。
毎日夕ご飯の時にステロイドと抗生剤(避妊手術をしていなかった為)、そして胃粘膜保護剤を与えました。

とりあえずステロイドが効く事を祈って一週間。
(一週間後に再検査です)

投与開始した週の前半、血便(直腸~肛門系)まじりの下痢がしばらく続き、トイレ周辺にビニールシートを敷いて(便が飛び散るので)様子を見ました。この下痢が薬の影響によるものか、血小板減少性に付随する疾患の影響かはわかりません。愛犬は相変わらず元気が無く、午前中いっぱいベッドから起きて来ない日もありました。

そして週の後半

再検査

便は徐々に固形に変わっていきました。それと共に寝てばかりだった愛犬も少しずつ行動するようになり、夜の震えも無くなりました。ステロイドの副作用なのか、たまにえづくような行動(吐き気)があったようですが、実際の嘔吐まではいきませんでした。
日を追うごとに愛犬も元気を取り戻し、検査当日の朝は今までのように私の布団を足でひっぺがして「起きろー!」と大暴れです。これは薬が効いたのかもしれない。そして検査の結果は「血小板は標準値」
嬉しい事に薬が効き、劇的に回復しいました。

数値が正常に戻ったとしても突然ステロイドを断つのは危険なので、徐々に減らしていく「減薬」が始まりました。
この血小板減少性という病気、残念ながら完治(断薬)は難しく、薬を減らしてうまく付き合っていくのが大半だそうなので(稀に断薬出来る子もいるらしい)、薬を続ける事で今まで通りの元気さを取り戻してくれるのならばいいなと思っています。

さて減薬です

ステロイドを3/4に減らして2週間

現時点、1週間経過ですが愛犬はかなり元気です。
食欲が元に戻り、留守中久々にテーブルの上を荒らされました
ずっと無かったのですっかり油断していました;


投薬・通院の続きはまた投稿したいと思います



[PR]

# by ruruko1013 | 2017-03-10 09:47 | その他 | Trackback | Comments(0)

【鶏】ヒバのウッドチップ


東京あきる野も本格的に寒くなってきました。
この辺は東京都心部よりも大体4℃ぐらい低い気温です

c0331246_16154154.jpg
エナガさん
集団で庭木に立ち寄り、葉や枝の裏に隠れた虫を探してついばみます。
冬の小鳥はモコモコで可愛いですねー


さて。

こんなものを買ってみました

c0331246_16182252.jpg
ヒバのウッドチップ

虫除けやカビ除け効果を期待してヒノキを探していたんですが、
日本のヒノキには虫やカビ除け効果が殆ど無いと知り、さてどうしようと思って見つけたのがヒバです。
ヒノキチオールの量が多いのは台湾ヒノキとヒバなんだそうですよ。日本ヒノキは成分が少ないので効果も薄いとの事。

で、これに期待したいのは鳥小屋に寄ってくるゴキ、蚊、ハエの減少です。まだ真冬なのでピンと来ませんが、夏になるとどうしても寄って来ます。なので夏に使えるかどうか今から様子を見ようと、そういう目論見です。

c0331246_16240791.jpg
敷くとこんな感じ。
籾殻 → ウッドチップ
ヒバの良い香りが漂います。鶏たちも特に警戒する事も無くすんなりと受け入れてくれました。

これから使い勝手の良さを見ていきたいと思います





[PR]

# by ruruko1013 | 2017-02-10 16:27 | ニワトリ | Trackback | Comments(4)

鳴かない雄鶏

庭から見える所にアオゲラが巣を作っているようで、ドラミングと共にウロチョロしている姿をよく見かけます。
c0331246_11454816.jpg

さて。
我が家は今、殆どのメスが休卵時に入っています。これは毎年なんですが、冬の期間必ず休卵期があり、その間は我が家で卵ゼロの日も珍しくありません。
それはもう、毎年の事なので構わないのですが今年はオスが。雄鶏が休オス期?に入っているようなのです。休雄期ってなんじゃらほい。
そんなの聞いた事ないんですが、今の時期 オスがオスである事をすっかり辞めているのです。
メスに餌を与える事もなく、オヤツが撒かれれば「俺が俺が」と奪い去る。私が庭に出ていると「ママーなんかちょうだい」とくっついて回る。そして最大は「雄叫びを上げない」です。
オスと言えばコケコッコー!ですが、もう2か月以上彼の雄叫びを聴いていません。早朝も、昼間のお散歩とかも一切鳴きません。鳴き声と言えばおねだりのクククーという声だけ。
今まで雄鶏を飼っていて初めての事なんですが、こんな休オス期なんてあるんでしょうかね。
あと2週間もすれば春モードに変わってくれるとは思いますが、初体験な出来事でした
c0331246_11564043.jpg
右がオスを休んでる我が家のぼす

[PR]

# by ruruko1013 | 2017-01-07 11:45 | ニワトリ | Trackback | Comments(2)

【鶏】黒アローカナ・初卵の色


今春作出した黒アローカナ
(写真は夏の終わり頃)
c0331246_11320141.jpg

冬に入りメスに産卵の気配が見えてきたと思って間もなく、産卵致しました


初卵です!
(2016/12/19)

c0331246_19074211.jpg

ほぼほぼ予想通りの色と言いましょうか…カーキ色ですね。
あ、食べ物だからオリーブカラーと言った方がいいかな(笑)

そして初卵から1か月ちょい
(追記です)

卵の色は毎回微妙に違い、濃かったり薄かったり
緑みが強かったり茶色が強かったり、あと斑点が結構出たりと
安定した色ではないようです。
c0331246_19531366.jpg
↑左の青いのが白アロの卵、右2個が黒アロの卵。
一個は色が薄く、もう一個は濃く茶色みも強いですね

この色の不安定さは多分オス親のマランの血だと思います。
マランの卵もかなり色味が不安定で濃かったり薄かったり
シミ(斑点)が多かったりしました



[PR]

# by ruruko1013 | 2016-12-20 11:48 | ニワトリ | Trackback | Comments(0)