マルバウツギ

マルバウツギが咲きました。
c0331246_09334757.jpg
自分で植えたわけではなく、庭横の斜面に勝手に生えている、いわば野草ですが可愛らしい小さな花をつけています。
c0331246_09333496.jpg
そして孵卵器のアローカナが嘴打ち開始しました
c0331246_09360464.jpg



[PR]

# by ruruko1013 | 2015-05-07 09:39 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

アシダカグモ

去年はシロアリ駆除をした為か、アシダカもムカデもゴキも殆ど居なかったのですが今年は4月頃からアシダカが続々姿を現しています。一部屋に1匹?ないしは2匹はいるかな、という具合。写真は寝ている時に頭上を見上げたら枕元に居たのでそのまま撮影したものです。
c0331246_08305877.jpg
最近のシロアリ駆除剤はGやムカデを殺傷する程威力のあるものは使われないそうですが、忌避はするようで去年はホント出ませんでした。今年はその忌避効果も無くなってきたんでしょうね~。アシダカグモが出る分には全然構わないんですが(むしろ大歓迎)、ムカデやGはちょっと勘弁だなぁ。


庭では…
ツチイナゴがレンガの上で日向ぼっこしておりました
c0331246_08360747.jpg
バッタの中では珍しく、成虫で越冬する個体なので春先に成虫を見ることが出来ます。


さてコケコたちは…
c0331246_08395386.jpg
畑から引っこ抜いた春野菜・のらぼう菜をパクパク食べております。
5月1日。畑は夏野菜の準備に入ります



[PR]

# by ruruko1013 | 2015-05-01 08:41 | | Trackback | Comments(3)

雪柳と鶏

桜も咲き、雪柳も満開となりました。
春ですね
c0331246_08490167.jpg
ライトの男子も、美味しい餌を見つけてはメスに知らせる行動をせっせとしております。

薩摩姐さんたちは相変わらずの図々しさ。
雨で倒れて来た小松菜の花を摘んでいます
c0331246_08493161.jpg


[PR]

# by ruruko1013 | 2015-04-13 08:57 | ニワトリ | Trackback | Comments(7)

卵巣嚢腫の術後1か月以上経ってみて。

今日もちょっと別のお話を。

1月20日に卵巣のう腫の手術をしました(その時の記事はこちら)。今日で大体術後1か月半です。体がどんな状態かと言いますと、おヘソと右腹部のキズは赤く(まだクッキリ)残っている程度、一番大きく切った左側はまだ糸も溶けておらず、ぼっこりとしています。でも痛みはもう一切ありません。腹筋運動をしても問題ナシです。ちなみに腹部の痛みは術後1か月ぐらいまでは何となーくありました。嚢腫を摘出した左側の痛みです。しかしそれも1か月を過ぎた頃には無くなりました。

生理は術後1か月ぐらいは来ないかなぁと思いきや、まだまだ腹部の痛みも残る術後2週間半(生理予定日)にきっちり来ました。凄いなぁと感心していたのもつかの間、ツラいツラい。術後初めての生理はめちゃくちゃ重かったです(´Д`|||)
で、しばらく重たいのが続くのかと覚悟していましたが、2回目は通常通りの重さに戻っていました。

で今、何が問題かと言うと体力です。
色々検索すると「術後2週間で仕事復帰した」とか「3週間で問題なく仕事が出来る」と書いている方もいらっしゃいますが、いやいや全然ムリ(´Д`;)
多分この辺は個人差が凄くあるんだと思います。私の場合手術直前までインフルエンザでずっと寝込んでいたのでそのせいもあるのかもしれませんが体力の回復は一ヶ月半経った今でも以前のものには戻っていません。
癒着を防いたり、復帰を早くする為にもよく動くようにしていましたが、動いては翌日ダウン、動いては翌日ダウンを繰り返しつつ今に至っています。腹部の痛みも無いし気持ち的には以前と何ら変わらないと思うのですが、意識とは裏腹に体がついて行かず体を(以前のように)動かした翌日は朝起き上がれなかったり、その日の午後には具合が悪くなりダウンしたりを続けています。それでも少しずつ戻りつつはあるんですが、思った以上に回復に時間がかかっている、という現状です。

あ、ちなみに。
術後食事が問題なく出来るようになるのと共に、以前よりも食欲が倍増しあっという間に2kg増えました(身長151cmで現在50kg)。回復の為に体が栄養を欲しているんだろうなと思ってダイエット(食事制限)は控えていますが、その代わりダンベルや腹筋運動など筋力をつけるようにしています。




[PR]

# by ruruko1013 | 2015-03-11 16:41 | その他 | Trackback | Comments(2)

初心者の養蜂チャレンジ

去年から養蜂に興味をもち、最初はセイヨウミツバチ(市販の蜂蜜は殆どコレ)を開始しようと思ったんですが、セイヨウミツバチは初期投資が高い!女王蜂を購入しなくてはならず、諸々20万円ぐらいかかる…いやいや無理!そんなお金ありません。一方ニホンミツバチは在来種なのでそこら辺に飛んでる蜂さんにウチの巣箱に住んでもらうという実にナチュラルで安上がりな方法。ということで春に向けて密かに準備をしておりました。で、買ってみたのがこちら。
c0331246_10365272.jpg
ネットで巣箱と検索すると一番引っかかる商品だと思います。初心者なのでとりあえずこれを購入して設置しようとふんだわけです。ピカピカ新品は嫌いだと聞いていたので雨ざらしにしていたのですが、養蜂経験者に見て頂いた所「これじゃ入らないよ」と言われアドバイスに従い巣箱をバナーで炙りました。

炙ったのがこちら↓
c0331246_10392188.jpg
うん、見た目もカッコイイし風景にもより馴染んでとても良い感じです。この状態で更に雨ざらしにて草臥れさせたいと思います。ちなみに、養蜂の先輩に巣箱も頂きました。

それがこちら↓
c0331246_10535156.jpg
最高の使用感ですね。私が蜂だったら絶対こっちを選びます。こちらは実際に蜂が入っていたものですからすぐにでも蜜蝋を塗ってスタンバれます。ちなみにミツロウですが、ネットで1カケ1200円ぐらいで購入したんですがその後先輩にドドンと頂きました。

日本蜜蜂のミツロウ。頂きました↓
c0331246_11005982.jpg
ミツバチを始めるにあたって、ネットや本であれこれ調べて勉強しました。が、それももちろん大事だけどやはり実際に養蜂をなさっている方(趣味の先輩)と会ってお話を聞くのが一番でした。これからミツバチをやろうと思っている方がいらっしゃいましたら、まずはオフ会など進んで参加することをオススメします。一人で始めようとするとあれやこれやとお金がかかりますし、業者?に狙われます(笑) 講習会だけで数万とる所もあるそうですが、無料や安値(千円未満)でやる所もあるので高額を出す必要はありません。この辺、ニワトリの世界と同じなんだと思います。同じ趣味の方を探し、そこで交流を持てばお金なんてそうそう掛からず経験談やアドバイスが頂けます。私もニワトリを譲渡する時お金などとりません。当たり前ですが、これからも同じ趣味の仲間として交流したり交換したりしたいから。手っ取り早く卵が欲しい時は「種卵1個○○円」なんて所で買う時もありますが、極力やりません。お金が絡む関係はそれっきりになってしまうので。

実は今回、養蜂の先輩に出会ったのは先日のライトブラマの譲渡でした。たまたまお譲りした方が趣味で養蜂をやられていて「私もやろうと思っているんです!」とお話しした所、とても丁寧にアドバイスを下さり巣箱やミツロウまでわけて下さいました。ニワトリの趣味の出会いが蜂の趣味の出会いを新たに生んでくれたんです。趣味の世界って面白い。そして楽しい。そう感じました。

よし、あとはキンリョウヘンを頑張って咲かせるぞ!


[PR]

# by ruruko1013 | 2015-03-05 11:43 | ニホンミツバチ養蜂 | Trackback | Comments(3)