初心者の養蜂チャレンジ

去年から養蜂に興味をもち、最初はセイヨウミツバチ(市販の蜂蜜は殆どコレ)を開始しようと思ったんですが、セイヨウミツバチは初期投資が高い!女王蜂を購入しなくてはならず、諸々20万円ぐらいかかる…いやいや無理!そんなお金ありません。一方ニホンミツバチは在来種なのでそこら辺に飛んでる蜂さんにウチの巣箱に住んでもらうという実にナチュラルで安上がりな方法。ということで春に向けて密かに準備をしておりました。で、買ってみたのがこちら。
c0331246_10365272.jpg
ネットで巣箱と検索すると一番引っかかる商品だと思います。初心者なのでとりあえずこれを購入して設置しようとふんだわけです。ピカピカ新品は嫌いだと聞いていたので雨ざらしにしていたのですが、養蜂経験者に見て頂いた所「これじゃ入らないよ」と言われアドバイスに従い巣箱をバナーで炙りました。

炙ったのがこちら↓
c0331246_10392188.jpg
うん、見た目もカッコイイし風景にもより馴染んでとても良い感じです。この状態で更に雨ざらしにて草臥れさせたいと思います。ちなみに、養蜂の先輩に巣箱も頂きました。

それがこちら↓
c0331246_10535156.jpg
最高の使用感ですね。私が蜂だったら絶対こっちを選びます。こちらは実際に蜂が入っていたものですからすぐにでも蜜蝋を塗ってスタンバれます。ちなみにミツロウですが、ネットで1カケ1200円ぐらいで購入したんですがその後先輩にドドンと頂きました。

日本蜜蜂のミツロウ。頂きました↓
c0331246_11005982.jpg
ミツバチを始めるにあたって、ネットや本であれこれ調べて勉強しました。が、それももちろん大事だけどやはり実際に養蜂をなさっている方(趣味の先輩)と会ってお話を聞くのが一番でした。これからミツバチをやろうと思っている方がいらっしゃいましたら、まずはオフ会など進んで参加することをオススメします。一人で始めようとするとあれやこれやとお金がかかりますし、業者?に狙われます(笑) 講習会だけで数万とる所もあるそうですが、無料や安値(千円未満)でやる所もあるので高額を出す必要はありません。この辺、ニワトリの世界と同じなんだと思います。同じ趣味の方を探し、そこで交流を持てばお金なんてそうそう掛からず経験談やアドバイスが頂けます。私もニワトリを譲渡する時お金などとりません。当たり前ですが、これからも同じ趣味の仲間として交流したり交換したりしたいから。手っ取り早く卵が欲しい時は「種卵1個○○円」なんて所で買う時もありますが、極力やりません。お金が絡む関係はそれっきりになってしまうので。

実は今回、養蜂の先輩に出会ったのは先日のライトブラマの譲渡でした。たまたまお譲りした方が趣味で養蜂をやられていて「私もやろうと思っているんです!」とお話しした所、とても丁寧にアドバイスを下さり巣箱やミツロウまでわけて下さいました。ニワトリの趣味の出会いが蜂の趣味の出会いを新たに生んでくれたんです。趣味の世界って面白い。そして楽しい。そう感じました。

よし、あとはキンリョウヘンを頑張って咲かせるぞ!


[PR]

# by ruruko1013 | 2015-03-05 11:43 | ニホンミツバチ養蜂 | Trackback | Comments(3)

塩ビパイプで簡単鶏の餌入れ

我が家では鳥かご(ラビットケージ)の中に餌をザバーっと入れるだけの雑な餌やりなんですが、それだと確実に餌を選り食いします。ということで、簡単に作れる塩ビパイプによる餌入れを作ってみました。
c0331246_15595256.jpg
ホームセンターに売っているパーツ(3個)を組み合わせ、パイプを小屋の丈に合わせて切るだけの簡単設計です。材料費500円ぐらい。パイプの太さは何種類かあるので自宅の鶏に合わせて作ると良いかと思います。我が家はVU50というサイズにしました。塩ビパイプはVU(薄肉管)とVP(厚肉管)とあるようで、これはパイプ自体の厚さだそうです。今回特に厚みは必要無いので薄くて軽くて値段も安いVUにしました。
c0331246_16102684.jpg
↑VU50だとこんな感じ。
ちょうどメスの首がすっぽり入るぐらいです。2羽で食べるのはちょっとキツいかな~。でも無理ではありません(2羽のカゴに入れた所、交互に首を突っ込んで食べてました)
c0331246_16200568.jpg
見たことも無い塩ビパイプにビビるかなぁと心配していましたが、全くそんなことは無く。見かけた途端、中に入っている餌に突進して行きました。
材料は、パイプ1本・Y型の継ぎ口1個・底面に設置するキャップ1個です。私が行ったホームセンターにはシンプルなキャップが売っておらず、掃除口しかなかったの掃除口がついています。掃除口が150円だったのでただのキャップなら更に安値で作れるかも。

[PR]

# by ruruko1013 | 2015-02-23 17:58 | | Trackback | Comments(2)

【募集終了】ライトブラマのペア お譲りします


= お陰様で里親さん決定致しました。=

我が家には現在ライトブラマが2ペア居るんですが、春先に向けて数調整の為1ペアお譲りすることにしました。
お譲りするのは下の写真のオスと、ライトのメスです。
c0331246_15552638.jpg
オスは雄叫び&メス乗りします。メスは産卵しています。
お譲りの条件は、あきる野市まで本人が取りに来て下さること。未成年不可。販売業者不可。facebook等で近況を知らせて下さる方。facebookをやっておられない場合は身分証の提示をお願いします。身分証の提示をお願いする理由は、虐待目的で引き取ろうとする人が居る為です。大切に育ててきた子ですので、当然ですが可愛がってくれる方に譲りたいので。宜しくお願いします。

ご連絡はこの記事へのレス、或いは右側の「当ブログについて」にあるリンクからお願いします。質問なども同様です。宜しくお願いします。



[PR]

# by ruruko1013 | 2015-02-17 16:20 | | Trackback | Comments(0)

我が家の極道・薩摩鶏

午前中、鶏たちを庭に出してお昼ごはんを食べていたのですが、その間、薩摩姐さんがまぁウルサイこと。
クウェー!クウェー!(腹減ったー!餌食わせろコノヤロー)と絶叫しならその辺のものを蹴散らかす姐さん。庭からは色んな物が倒れる音が聞こえます。

↓ 空腹でご機嫌ナナメの薩摩姐さん
c0331246_14114405.jpg
ブラマっ子たちはお腹が空いてもこんなに大騒ぎはしません。同じ鶏でも種類でこうも性質が違うものなのか…。とにかく薩摩姐さんたちは何かと大騒ぎし、文句をタレ、大暴れします。

そんな暴君薩摩姐が居る庭にKYなタイミングで入ってきた野良にゃんこがこちら
c0331246_14175851.jpg

生粋の野良だと思われるんですが、何ともマイペースに我が家に遊びに来ます(上の写真は秋口の頃のもの)。最初は鶏を狙って来たのかと思って追い払っていたのですが、どうやら鶏には興味が無いことが判明(虫好き猫らしい)。それからは鶏たちがお散歩していると庭に来て、鶏が入れない畑の部分でお昼寝したりのんびりしているようでした。そんな野良さんが今日に限って、鶏たちが常に行き交う場所でお昼寝開始。
c0331246_14262633.jpg

そんな所に居たら危ないよ~ 今日は薩摩姐さんの機嫌が悪いんだから。

こんな繁華街(?)でゴロンとするのは野良さんも初めてなようで。
自分で居座ったくせにコケコが近くを通るとドッキドキの模様。
鶏が前を通るたびに耳を倒してフー!と鳴いています。自分で飛び込んでおいてフーも無いぞ(笑)
c0331246_14273190.jpg
そんなこんなしていたらやっぱり薩摩姐さんに見つかりました。
c0331246_14304344.jpg
野良さん、耳を極限まで倒してフーフー必死に鳴いております。
薩摩姐さんは「おめぇドコの組のもんじゃァ」って顔して睨んでおります。

このまま放っておいたら間違い無く修羅場。

ですが、私的にはそんな展開望んではいないので、すかさず薩摩姐さんを餌で釣って野良さんへの興味を反らせ平和を取り戻しました。

薩摩ってみんなこんな性格なんでしょうかね~?
それともウチの極道三姉妹だけかしら。

c0331246_14365569.jpg
人にはボチボチ慣れていて可愛いっちゃ可愛いんですけどね。













[PR]

# by ruruko1013 | 2015-02-03 14:42 | | Trackback | Comments(6)

卵巣嚢腫(成熟嚢胞性奇形腫)で腹腔鏡手術

今日は虫や鶏の話ではなく、私がかかった卵巣嚢腫の体験記をお話をします。
この卵巣嚢腫というのは、幼児から年配の女性まで罹る可能性のあるもので、特に20~30代の女性にとってはかなりメジャーな病気らしいです。なので同じ診断をされた方の参考になればと思います。

私の場合、左下腹部に痛みを感じて町医者へ行きCTを撮ることで判明しました。
左卵巣の成熟嚢胞性奇形腫。大きさは4cm程。
悪性では無いので緊急手術等の必要は無いそうですが、これがあると茎捻転を起こす可能性が高く(激痛らしい)、年齢を重ねると悪性化する可能性もあるので、体力もあり嚢腫も小さい今、摘出してしまおうと思い入院・手術を決行しました。

手術は基本、4cm未満なら腹腔鏡可能、5cm以上だと開腹手術になるそうで当然ながら腹腔鏡の方が負担も痛みも入院期間も少ないです。ちなみに私の卵巣嚢腫摘出の腹腔鏡下手術の場合、メスを入れるのはこんな感じ↓
c0331246_12125632.jpg
嚢腫を取り出す左側が一番大きく切開して4~5cmぐらい。
カメラが入るヘソ上は3cmぐらい。
右側のアームを入れるだけの部分が一番小さく1mぐらい。

●入院初日(1日目)
朝入院し、昼食は普通に出ました。午後3時頃下剤を飲みます(コップ1杯なかなかのマズさ)。しばらくするとお腹がちょっとゴロゴロ言ってきて、2時間半後に便通がありました。お腹を下す薬ですから辛いんじゃないかとドキドキしましたが一回便通があっただけでスッキリ☆ 排便の際に若干太ももあたりがしびれた(お腹を壊した時の貧血感)だけで辛さは殆どナシ。
午後6時になるとこれまた普通に夕食が出ます。そして7時に今度は浣腸。処置室と呼ばれる部屋で看護婦さんがやってくれます。ベッドに横になった姿勢で注入~。
浣腸初体験だったんですが、いやー凄い即効性。処置室からトイレまで徒歩30秒。ギリギリ間に合いました(笑) こちらは下剤よりもゴーゴーに出ます。でも辛さはありません。ただトイレで華厳の滝が3回程あるだけ。この華厳の滝も一度の個室で終わり、何度もトイレへ駆け込むようなことはありませんでした。その後は眠剤を処方して頂き、就寝(眠剤の効果は疑問)。

●手術日(2日目)
午後1時から手術予定。
朝10時までは水・お茶・スポーツドリンクは飲めます。それ以外は口にしちゃ駄目。10時を過ぎると水分補給も駄目なので、代わりに点滴を入れます。この時もう手術用点滴を入れちゃいます。手術用は普通の点滴より針が太く、又血管が出にくい私はなかなか針が入らない。これがね…私的には第一の関門でした。
看護婦さんが右手に3回程挑戦したものの入らず、痛い痛い。今度はドクターを呼んできて右手に挑戦しますが駄目で左手(私の利き手)に挑戦。左手も勝手の良い場所には入らず、結局ちょっと不便な内側の関節部分(普段採血する所)になんとか入りました。やっと入ったのでちょっと痛いけど我慢です。あと利き手も曲げられなくなったので不便だけどこれも仕方ない。
12時半。
右の二の腕に安定剤を筋肉注射して徒歩で手術室に向かいます。手術室ではまず背中から硬膜外麻酔を入れます。背中に針!?と聞いてギョッとしましたが、痛みは無かったです。で、その後すぐに口から麻酔を吸って、その後はもう手術が終わって病室に帰って来るまで意識はありませんでした。

術直後。
病室で徐々に意識が戻って来ます。私の場合、自発呼吸になってからも呼吸が浅かったようで、ぼんやりする意識の中で看護婦さんから何度となく「大きく息を吸って下さーい!」と肩をバッシバシ叩かれたのを覚えています。その声を聞いて呼吸することに専念。でもちょっと意識を別の所(今何時かなーとか)に持って行くとすぐに呼吸が浅くなり、すると又「息吸って!!」という声が聞こえるのでとにかく意識のあるうちは呼吸のみに専念していました。

更に時間が経って来ると麻酔の副作用で嘔気が出てきます。とにかく気持ち悪い。吐き気がするんですが何も食べて無いので何も出ません。あまりに気持ちが悪いので、夜2時の時点で背中から入れている硬膜外麻酔の点滴を止めてもらいました。ちなみにこの間、腹部の痛みは全く気になりません。ただ、右肩から胸にかけてやたら痛くてそっちの方が嫌でした。

●手術の翌日(入院3日目)
前夜は意識が飛んだり覚醒したりで殆ど眠っていません。硬膜外麻酔を切っても痛みはそんなに気にならず、それよりも体内に残った麻酔の嘔気が酷い。この辺は個人差があるそうですが、私は麻酔がガッツリ効いてしまったようで抜けるのにも時間がかかったようです。
嘔気と眩暈がひどかったですが、立って歩ければ尿道のカテーテルを抜いてくれるというので一生懸命トイレまで歩き、尿道の管を抜いてもらいました(´∀`;)

その後、硬膜外麻酔を取ったので散剤の痛み止めを処方してもらいました。腹部の痛みは強い筋肉痛ぐらい。動くと「アタタタタ(>_<)」ってなるぐらいです。それより相変わらず肩~胸にかけてが痛かったり圧迫感があったので主治医に伝えた所、手術の際に患部を見やすいように腹部にガスを入れるので、それが上に上がって来て小さな気腫になっているのだろうとのことでした。腹腔鏡手術ならではの副作用。でもこれも麻酔と一緒で少しずつ代謝されて行くので問題無いだろうとのことでした

●手術の翌々日(入院4日目)
少しずつ嘔気は軽くなって来ていますが、食べ物はあまり喉を通りません。五分粥の食事が出ますが2口ぐらいしか食べられず、売店でプリンを買って来てもらい一日をかけて1個のプリンを食べるのがやっと。腹部の痛みは痛み止めで何とかなってます。でもまだ入浴出来ないので、部屋の洗面台で洗髪しました。こういう時、やはり個室で良かったなぁと思います。

●術後3日目(入院5日目)
嘔気もだいぶ収まり、昼食からしっかり食べられるようになってきました。この日は傷口のテープをガーゼに切り替え、シャワー浴が出来るようになりました。腹部の傷は痛み止めを飲んでいてキッツい筋肉痛ぐらいの痛み。胸と肩の痛みも少しずつですが良くなってきています。

●術後4日目(退院日)
嘔気は朝の起床時に少しありますがしばらくすると気にならない程度になります。傷口の痛みは処方された弱い痛み止めで何とかなる程度。もちろん快活には歩けませんが、ゆっくりゆっくりとなら歩けます。

●退院直後(2~3日)
退院後、2日間ぐらいは痛み止めを飲んでいましたがそれ以降は薬無くてもなんとかいけそうです。それより私の問題は麻酔の嘔気と体力の低下。朝起きた時に相変わらずちょっと気持ち悪い感が残ってます。食欲はしっかりありますが、立ち仕事は5分が限界。座っているだけでハァハァと息が上がって辛くなって来るので横になります。

●退院後(一週間)
毎日目に見えて回復していきます。嘔気ももう気にならない。退院一週間でお腹の痛みも気にならなくなるので色々仕事を開始したくなりますが、調子に乗ると翌日寝込むので要注意。私は「回復した!」と土日スーパーとホームセンターへ買い出しに出掛けて月曜日ダウンしました(^^;)

退院後の注意点は無理をしないこと。疲れたかな?と思ったらすぐに休憩します。でも動かないと回復もしないので、動ける時は動くこと。あと、重い物は術後1か月は持たないこと。当然ですが、性生活もしばらくは禁止です。 ※術後一ヶ月半の状況報告もアップしました。その記事はこちら

ちなみに。
私は左腹部の痛みで病院へ行きましたが、4cm程度の卵巣嚢腫では自覚症状が無いそうです。じゃあ何が痛かったのかと言うと、腸と腹膜が何らかの理由(過去に炎症を起こしたのではないかとのこと)で癒着していたらしく、そこが痛みの原因ではないかとのことでした。この癒着は切ってもまたくっつくらしく、そうなると通院のキッカケとなった腹部の痛みは解決しないのですね(^^;)

●手術・入院費用
今回は入院6日間・トイレ無し個室(個室の差額は保険適用外です)・高額医療費制度の「限度額適用認定証」提出で大体12万円ぐらいでした。限度額適用認定証は入院時又は入院中に提出しないと駄目だったので、入院する前に保険組合に申請して用意しておきます。これがあると無いとではかなり金額が違って来るので、これから手術を予定されている方は忘れずに準備しておくと良いです。もし高額医療費制度について判らないことがあれば、病院の事務員さんに聞いてみると詳しく教えてくれるはずです。

●手術を迷っている方へ
卵巣嚢腫は放っておいても大きくなるばかりで無くなることは絶対無いし、常に茎捻転(なったら激痛→救急車で運ばれる→緊急手術→全摘の最悪ルート)の恐怖に怯えなきゃいけないし、嚢腫が大きくなればなる程、手術の負担や術後の痛みも増すということで選択の余地なしにすぐに手術することをオススメします。


[PR]

# by ruruko1013 | 2015-01-26 12:21 | その他 | Trackback | Comments(4)