【虫】メンガタスズメの飼育日記

庭のナスを引っこ抜こうと思ったらおりました
メンガタスズメの幼虫さん
c0331246_20262841.jpg
でももうナスは引っこ抜いてしまうので、

拉致。
c0331246_20270304.jpg
引っこ抜いたナスの葉を毎日与え、
ついに全てを食い尽くしたのち…

土に潜りました
c0331246_20290503.jpg
↑右下に見えているのは頭。

そしてそこから数日後。
イモムシの殻を脱いでサナギ化をはじめました。
c0331246_20295557.jpg

動画も撮ってみました。


一晩経つとすっかり茶色くサナギらしく。
c0331246_10572012.jpg
孵化は春頃の予定です。
今が9月だから…7か月後ぐらい?
結構先ですね
メンガタスズメと言えば掴むと可愛い声で鳴く事が有名。
是非無事孵化して体験してみたいです


その後…(追記)

来春と油断していたら初冬に孵化してしまいましたorz
孵化すると思っておらず、蓋もあまくしていたので部屋へ脱走。夜間だったので部屋の電気にパニックを起こしてしまい(人工の灯りは蛾にとって眩しすぎて目が眩んでしまう)撮影どころではなくなってしまいました。慌てて網で捕獲し、庭に放しました。観察・撮影は来年にもちこしとなりそうです。来年の夏はもっと沢山のナスを植えよう♪

さて。

実はメンガタと平行してエビガラスズメの蛹も飼育していました。
こちらは孵化後も逃げる事無くカゴ内にいたので撮影することが出来ました。
メンガタではありませんが折角なので写真を。

↓エビガラスズメさん
c0331246_17380584.jpg
ちょっと見づらいですが、背中部分にオレンジと黒の縞があります。
この海老のような柄がエビガラと呼ばれている由縁のようです
c0331246_17394574.jpg

正面顔は安定の可愛さ♡
c0331246_17405580.jpg


[PR]

by ruruko1013 | 2015-09-21 20:35 | | Trackback | Comments(6)

【虫】ナナフシモドキ

金木犀も香り、すっかり秋の気配。
久しぶりにナナフシさんに出会いました
c0331246_15385437.jpg
常に身近に居るはずですが、この姿ですから樹の枝についていたらまず気づきません。
c0331246_15393688.jpg
ブルーブラマの身体につくと保護色!
面白いですが放っておくと100%餌になるので救出します。
c0331246_15402580.jpg
ナナフシの寿命は2か月程と短く、夏の虫なのですね。
ちなみに彼らは殆どがメスで、オスは非常に珍しいそうです。というのもナナフシさんはメスのみで繁殖が可能な為オスいらずなんですね。恐ろしや(笑)




[PR]

by ruruko1013 | 2015-09-16 15:42 | | Trackback | Comments(6)