【鶏】春の子2


春に生まれた子 その2

マラン×アローカナの子です

体型は初代の白いアローカナとほぼ同じ
c0331246_16434263.jpg
頬毛もあります。
見た目は黒いアローカナ
c0331246_16444828.jpg
スレンダーな所もアローカナのそれです
性格もマランよりもアローカナに近く、ちょこまかとしています
さて卵はどうなるかな?

ゆっくり育っているので気長に待つ事にします(´ー`)


[PR]

by ruruko1013 | 2016-08-15 16:46 | ニワトリ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://muimuikoke.exblog.jp/tb/25901106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 沼南 at 2016-08-17 18:38 x
こんばんは。 見た目はアロ、色はマですね。是は、新種アロマですか?。ラルルさんの若さがない私は心配性で、ついつい同じ色種を2番・3番と飼育してしまい、産まれた小軍鶏の里親探しで大変です。高齢者でも希少種でなければ、飼育心が芽生えます。どんな色の卵を産んでくれるやら、報告お待ちします。少し前の、孵卵器と仮母の孵化率の???ですが、この頃通い詰めの動物園で聞いて見ました。未実践不確かな情報です。孵卵器は常に37.5ですが、仮母は動かないようで脱糞・食事・で、必然的に巣を空けます、是が摂理とのことです。来春は3回位、孵卵器を開けて温度を下げてみたいと思います。因みに水鳥は、同時に卵に霧吹きが良いそうです。
Commented by ruruko1013 at 2016-08-17 19:19
>沼南さん:
小軍鶏…私自身も引き取る詐欺を働いておりますからね、面目が立ちません(汗)
主人が背中~腰を痛めてしまい、重い物が持てなくなってしまったので小屋作りも更に伸びてしまいました。整体の頻度を増やしていますが、復活がいつになる事やら…(-_-;)

孵化率についてですが、私の根拠の無い予想としては仮母の転卵も一因としてあるように思います。頻度や回転角度など、電動では出来ない絶妙な技があるように思います。きっと卵の中の子供たちとのコミュニケーションをはかり…というのは妄想ですが、中の音や重さの偏り等をキャッチしてその都度的確な転卵を行っているのではと。
Commented by 沼南 at 2016-08-18 06:00 x
おはようございます。小軍鶏は心配しないで大丈夫ですよ、飼育スペースまだまだ余裕です。腰の方が心配ですね、お大事にしてください。親鳥の転卵の技、そうですね。只、巣を出て冷やすだけでなく、中心で温め外で冷やす変化が良いのでしょう。孵化の最終は微動だにの体制でですから、38度くらいに上がっているかも?。蜜蜂も冬越しは、巣の中で団子状態で固まり、中心で温まると外側に出て入れ替わり交代で、寒さを上手く耐えています。
Commented by ruruko1013 at 2016-08-18 17:13
>沼南さん:
親鳥の色々な微調整が孵化率を上げてるんでしょうね。
ここ最近の猛暑で鶏たちはバテバテです。体温が高いのも冬は良いけど夏場は辛いですね