干し柿

なるべく涼しくなるのを待って…

柿を干しました。
c0331246_14392010.jpg
皮を剥いて紐をかけて、焼酎を入れたお湯にザボっと漬けて
c0331246_14401410.jpg
干すのが遅くなってしまい、多くの柿が熟れ過ぎて干せなくなってしまいました。なので今年は30個もありません。


熟れた柿はコケコたちのおやつです
c0331246_14450930.jpg



[PR]

by ruruko1013 | 2015-11-19 14:45 | 家庭菜園 | Trackback | Comments(13)

トラックバックURL : http://muimuikoke.exblog.jp/tb/24957510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 沼南百花蜜 at 2015-11-23 19:30 x
こんばんは。干し柿ですか良い風景が、東京でとはraruruさんの感性・風情ですね。果樹は自給自足の我が家でも、柿は一番の好物です。100年を超える古木から、干し柿もと4年前に植えた渋柿まで7本あります。蜜蜂飼育のお蔭で、これでもかと実が付き過ぎます。それでも寄る年波には抵抗むなしく、昨年まで大食い食べ放題の柿も、お医者さまから今年から一日1個の案内で残念です。干し物は八っ頭芋の芋茎を作っつています。今年は雨が丁度よく、芋が豊作です。芋茎は生を茹でて酢味噌で美味しく、出来上がれば保存食で1年をとおしていただきます。霜が降れば芋を収穫して、毎年の美味しいとほめ言葉に励まされてのおすそ分け、自宅分は半分は土に埋め春を待ち、半分は冬の間けんちん汁として桜の季節まで食し、埋めた芋で初夏まで食す、天と地の恵みに感謝です。
Commented by meitonao at 2015-11-23 22:09
初めまして
ブラマの写真を見ていたらこちらのブログを見つけました
素敵な鶏さんがいっぱい
私も今回ブログデビューしたので我が家の鶏もアップしたいと思っています
よろしくお願いします
Commented by ruruko1013 at 2015-11-24 08:43
沼南百花蜜さん:
都会に住んでいた頃は渋柿をお店で売っている事すら知りませんでしたが、ここでは10月になると必ず店頭で見かけます(^^) 柿は食事の塩分排出にも役立ってくれるので毎年サクサクと作るようになりました。
沼南百花蜜さんの所には立派な渋柿の木もあるんですね。ウチは去年、小さな渋柿の木を植えました。いつ頃から収穫出来るようになるかなぁ…。
近いうちにブルーブラマ君を迎えに行きたいと思います。秋雨が多いですので何とか晴れの日を狙って(^^;)
Commented by ruruko1013 at 2015-11-24 08:44
meitonaoさん:
初めまして、コメントありがとうございます。
現在我が家ではライトブラマ、ブルーブラマ、ブラックブラマ、白薩摩鶏、マラン、アローカナを飼育しております^^
Commented by meitonao at 2015-11-24 19:08
承認ありがとうございます
鶏がのびのび歩いている姿に癒されますね。
そしてブラマは鷲の風格がありますね。
薩摩姐さんもなかなかです。
写真を楽しみにしています
Commented by ruruko1013 at 2015-12-01 10:27
meitonaoさん:
ブラマは体も大きく、風格がありますが性格は穏やかで大人しい種類です。そこが魅力です(^^)
Commented by 沼南百花蜜 at 2015-12-06 17:12 x
こんばんは。今日は鹿沼市花木センターで全種の品評会がありました。お好きな薩摩も赤笹・白笹が出ていましたが、圧倒的な数で、小軍鶏の品評会でした。あれでは、全種とは言い難い内容でした。茨城ではあんなことが毎月開かれているようですが、しばらくお休みですね。それから、欲しいと思っていた、鶉矮鶏が来ました。ギンバトを差し上げた方からの、プレゼントです。本当は白が欲しかったのですが、先ずは赤笹でと云う処です。今週は思い腰を上げて、小屋作り週間になります。小軍鶏アパート3室×3階、材料は手間を掛けずにコンパネです。北ヤマドリも元気に遊び、蜜蜂から鶏の世界へシフトが進んでいます。
Commented by ruruko1013 at 2015-12-08 08:47
沼南百花蜜さん:
品評会も、全種集めるのが大変みたいですよ。そもそも立候補?が無いみたい。どうしても人気の鶏に偏ってしまうんでしょう。知人も全鶏の品評会にブラマを出したけど、他に誰も出しておらずブラマ部門で賞をとったものの首を捻ってました(笑)
Commented by ruruko1013 at 2015-12-08 08:48
蜜蜂たちも忘れないで下さい~。
我が家は来春に期待をもち、巣箱を一度バラして雨ざらしにしています
Commented by 沼南百花蜜 at 2015-12-08 19:35 x
こんばんは。苦労を超える本物の蜂蜜の味を知った今、蜜蜂飼育は忘れられま~せん。今年からお付き合いが始まった、鶏友におすそ分けしましたが、「こんな透明感の味愛の蜂蜜を初めて食べた」・「今まで食べていた蜂蜜はなんだったのか」身に余るお褒めをいただき、来年もの飼育力がふつふつと産まれていますので、ご安心ください。日本ミツバチも思いの外元気で、アカリンダダニどこ吹く風です。来年無事分蜂できたら、1群提供します。飼育してこその蜂飼い、来年こそは自宅で取れる本物の蜜をご賞味下さい。
Commented by ruruko1013 at 2015-12-10 10:57
来年を楽しみにしています(*´艸`)
蜂蜜は国内では中国産のものがメジャーなので、本当の蜂蜜の味を知っている日本人って案外少ないように思います。
日本蜜蜂は西洋に比べて害虫に強そうですよね。なるべく自力でたくましく生きていける蜂が理想ですので、やはり日本蜜蜂が飼いたいです
Commented by meitonao at 2015-12-10 15:39
そう言えば、タイのパヤオの田舎で買ってきた蜂蜜はフルーティな香りがしてました。
花の種類でこんなに違うんだなって感動したのを覚えてます。
ミツバチさん、来て〜??ですね。
Commented by ruruko1013 at 2015-12-10 18:05
meitonaoさん:
花の蜜によって驚く程、味が変わりますね。
私の住んでいる地域では養蜂をやっている地域に桜の名所がある為、桜蜂蜜がよく販売されているのですが何とも特徴的な味がしました。個人的には好みでなかったけど…西洋蜜蜂の場合は花の個性が楽しめて面白いですよね。