【蜂】キアシナガバチの駆除


9月に入り、秋植えの野菜の準備を…と思い物置を開けると苦土石灰の中にハチが何匹もご臨終している。何だろうこれは…? と、見上げると

c0331246_09160343.jpg
ん!?

c0331246_09163708.jpg
ありゃ~アシナガバチ

農具を置いてある小屋の中に、知らぬ間に作られていました。
雨も当たらずさぞかし快適だっただろうよ…
家の軒下にはよく作られ、屋根の近くなので放置していたのですがここは流石に近すぎる&ドアの開け閉めのたびに巣が揺れるので、いつ「敵襲!」と思われるか判らんので撤去する事にしました。

とりあえず、他の人が知らずに開けて刺されないように張り紙(大事)
c0331246_09194046.jpg
c0331246_09201583.jpg
東京都あきる野市ではハチ駆除用の防護服を無料で貸し出しているので貸りてきました。
c0331246_09211291.jpg
しかしサイズが27cm(靴)しか無く…
着用してみましたが女性で身長150cm(足のサイズは22.5~23)の私には大きすぎて身動きがとれません。足部分が蛇腹になってしまい、歩く為に足を踏み出すと蛇腹が伸びて長靴が脱げる。玄関から外にすら出られん。
という事で防護服は諦めて私服でやる事にしました。防護服…女性サイズも用意してくれ!!

それはともかく

夜7時頃、周囲も暗くなり蜂も全員帰宅している頃を狙って襲撃です。

武器はこちら。
2mぐらいのジェットで飛ぶので楽ちんです
 




物置のドアを開け、シューしてドアを閉。
3秒で終了!
帰宅!

翌朝、明るくなってから中を確認し、生き残りの蜂を再びシューして巣を取りました
c0331246_09313993.jpg
キアシナガバチさん
c0331246_09321241.jpg
腰のあたりにチョンチョンと2個並んだ班があるのがキアシナガバチ。
c0331246_09355962.jpg
全体的にも黄色がはっきりしており、触覚の先もチョンっと黄色があります。
背中の斑が無いとセグロアシナガバチだそうです。

アシナガバチはスズメバチに比べて攻撃性が低いので、見かけた巣を全部撤去する必要は無いですが、巣の場所によっては刺される危険が十分あるので撤去をオススメします。特にキアシナガバチはアシナガバチの中でも攻撃性が高いので注意。

とは言ってもスズメバチのそれとは違うので業者に頼まなくても自分で手軽に出来ます。
スズメバチでこの規模(匹数)の巣を見かけた場合は危険なので自分でやらず業者に頼んで下さい※


[PR]

# by ruruko1013 | 2017-09-06 10:05 | | Trackback | Comments(2)

無尾アローカナ、孵化2か月後


頂いたアローカナの種卵
孵化から2か月が経ちました

東京は8月の連続降雨があった為、半月ぐらい小屋から出られず心配していましたが思ったよりもストレスも無く元気なようです

c0331246_09035318.jpg

仮母は若干疲労の色が見えますが(^^;)

c0331246_09024138.jpg

5羽中、有尾は1羽・無尾4羽です
c0331246_09050635.jpg
ブラマの仮母と一緒にいるとだいぶ小振りな印象ですが、あと一回りぐらい大きくなるかな?




[PR]

# by ruruko1013 | 2017-08-24 09:13 | ニワトリ | Trackback | Comments(2)

【種採り】アロイトマト(栽培日記)


先日から収穫が始まったアロイトマトですが
来年の為に種の採取を開始しました。

まずは実を完熟するまで成らせてから収穫します。
ちょうど、支柱にぶつかってキズがついてしまったトマトがあったのでそちらを使う事にしました。中の種をとるだけなのでカビていても平気です。
c0331246_19071311.jpg

収穫したらジップロック2重ぐらいにして10日程放置

放置したものがこちらです↓

c0331246_19052332.jpg
うへー

ジメジメの暑い中を放置したのでエラい事になってます。うむ、開けるのが怖い。が、勇気を持って開封します。 おー見事な腐敗臭☆
ちなみに冷蔵庫だと発酵が進まないので常温保存必須でございます


これをザルにあけて果肉や皮を取り除いていきます
c0331246_19111586.jpg

果肉はドロドロになってるので結構簡単に分けられます。

c0331246_19121878.jpg
まだちょこっと残っている果肉↓
c0331246_19130611.jpg

種をザルからボウルに移して水を張ると、種は沈み果肉は浮いて来るので浮いた果肉部分を捨てていきます

c0331246_19145961.jpg
んん?
思ったより発酵が進んでないのか?
種の周囲にはまだゼリー状のものがついていますね。
c0331246_19154080.jpg
理想は種から綺麗にこのコーティングが採れている状態です。

トマト1個で採れる種は100粒ぐらい。

あと2個程(全部で種300粒程)、とりたいと思っています
次は種を実から分離させてから発酵させてみようかな。
そっちの方が種からゼリーが上手に取れるかも

[PR]

# by ruruko1013 | 2017-08-16 19:23 | 家庭菜園 | Trackback | Comments(6)

【収穫】イエローペアトマト


アロイトマトと共に育ててきたもうひとつのトマト

イエローペアトマト

ひょうたん型の黄色いミニトマトという事でカタチに惹かれて育ててみました。

c0331246_15194194.jpg
育て方も蒔き方も全てアロイトマトと同じにしました。

c0331246_15203472.jpg
成長具合もアロイトマトとほぼ同じ

c0331246_15210093.jpg
実つきはアロイよりも若干早かった気がしますが、それは大玉とプチの違い程度かなと思います。1週間ぐらい早かったかな。

c0331246_15215739.jpg
完熟したようなので収穫し、食べてみました

が…

あまり美味しくない

甘くない、かと言って爽やかな酸っぱさもない、香りもあまりない…

申し訳ないが、おいしくない!

そしてそれ以上に問題なのが実割れしまくる!

c0331246_15242628.jpg
アロイトマトと並んで畑に植わっていますがイエローペアトマトはガンガン割れます。もうね、割れてない実は無いぐらい殆ど割れてます。
不味くても割れがそんなに無ければ保存しておいてまとめてケチャップにでも出来るかなと思ったんですが、割れがあると割れた部分から腐敗しやすく保存には向かないので使えません。

ちなみに地植え以外では、デルモンテのトマトの土なるものに植えて育ててもみましたが味は変わりませんでした。
↓デルモンテの土に植えたイエローペアトマト。
(写真は5月の頃)
c0331246_15312853.jpg
トマト専用用土に植えても、地植えで植えても違いが無いのでたぶんこれがイエローペアトマトの基本の味なんでしょうね。美味しかったら来年も育てようと思っていたけど…来年はやりません。来年はアイコやろうかなー



[PR]

# by ruruko1013 | 2017-08-07 15:37 | 家庭菜園 | Trackback | Comments(2)

【収穫】アロイトマト(栽培日記)


今年はアロイトマトというトマトを種から栽培しました。

このトマト、あの桃太郎トマトを品種固定させた今話題のトマトです

品種固定と言っても多くの家庭菜園者には「?」となると思います。桃太郎トマトはF1と言われる1代品種なので、来年の為に種を採取しておこう♪と思って種をとっても、親と同じトマトが採れるとは限らないのです。実が成らなかったりあまり美味しくなかったり…。F1と言われるものは、その世代のみ、その特徴を見せるものなんですね。なので代を重ねる事が出来ません。

桃太郎も元々はそんなF1トマトなんですが、それを固定(代を重ねる事が出来るように)したのがアロイトマトです。更に、代を重ねるごとにその土地に馴染むので育てるのがとても楽しいトマトです

前置きが長くなりましたが、今年そのアロイトマトの種を蒔きました

トマトの種蒔きは3月です

室内の簡易ビニール温室で発芽させます。
3月はまだ冬なので常温では発芽しません。
なので温室内で

3月8日 種まき
c0331246_09140279.jpg

3月18日 発芽
c0331246_09180335.jpg
種蒔き後、10日程で発芽しました。
ちなみにこのアロイトマト、無肥栽培が出来るそうです。
無肥栽培とはその名の通り、肥料ナシで育てるという事


4月7日
c0331246_09200554.jpg
4月に入り、最低気温もだいぶ上がって来たので庭に移動させました。室内だと温かくても日当たりに限界がある為、ヒョロヒョロと背丈ばかりが高くなったり、成長が遅くなったりします。トマトはお日様大好きなのでたっぷり日に当てる事で元気に育ちます。


5月11日
c0331246_09225718.jpg
5月のGWも過ぎ、最低気温の心配も無くなったので畑へ植え替えします。
この時、無肥栽培OKである事をすっかり忘れていたので、植え付け時にたっぷり肥料を与えてしまいました。固形肥料を与えたのはこの時が最後です。その後、苗が安定して成長する姿が見られるまでは、たまに液肥を与えていました。

 
6月8日
c0331246_09275579.jpg
植え付けから1か月、だいぶ元気に育ちました。
支柱を立て、病気予防に足元の枝と葉を落とします


6月20日
c0331246_09340517.jpg
青い実がみのりはじめました。
写真は畑ではなくプランターで育てているアロイトマトですが、実りの時期は畑と同じでした。畑と違うのは苗自体の背丈。実がつく時期は一緒でした


7月17日 収穫
c0331246_09362625.jpg
更に1か月程経過し、雨の後に暑く晴れた日が続くとみるみるうちに赤く色づきました



早速、食!
c0331246_09382342.jpg
甘み強く、果肉もギュッと詰まっていてとても美味しいです
水っぽさがありません


今回アロイトマトの栽培時、別のミニトマトも同じタイミングで育てていましたが、成長速度はほぼ同じでした。
さて、次は来年の為のタネ取りです。アロイトマト種取りの様子はこちら
です




[PR]

# by ruruko1013 | 2017-07-25 09:46 | 家庭菜園 | Trackback | Comments(2)